審査甘い

申し込み方法解説!スムーズにカードローンを利用する方法

急いでお金を借りるのであれば、カードローンはとても向いている方法です。申し込みの流れも知っておきたいですが、まずは安心して利用できる業者を選ぶことが大切です。銀行にするか消費者金融にするかも決めておきましょう。注意点としては消費者金融は総量規制の対象ですので、借入ができる金額は年収の3分の1までの金額ということです。金利や限度額なども比較して業者を決めたら、手続きを進めていきます。

 

借入は来店でなくても、インターネットから行うことができます。大手消費者金融や銀行はネットからの申込に対応していることが多く、専用のフォームから24時間いつでも手続きが可能です。そして、この場合は本人であることを証明できる書類や収入証明書が必要となりますので、あらかじめ用意しておくとスムーズです。審査の結果は最短なら30分程度で知らされます。その後は本格的な手続きを進めていくこととなります。勤め先への在籍確認も行われますが、こちらは電話で行われることが一般的です。早ければ即日からも融資を受けることができますが、申込みが遅い時間からとなると振り込みは翌営業日以降となることがあります。できるだけ早く現金を用意したい場合は早い時間に手続きを進めておくことがおすすめです。

 

カードローンの申し込みには給料明細が絶対に必要?

銀行や大手消費者金融と契約してカードローンを利用する場合、幾つかの書類を金融機関に提出する必要があります。あらかじめどのような書類が必要なのかを確認しておくと契約申し込みや契約後の手続きをスムーズに行えるのでしっかり確認しておくことが大切です。

 

カードローン契約の際の必要書類として真っ先に挙げられるのが本人確認書です。運転免許証などの顔写真入りの身分証明書があれば一番確実なのですが、金融機関によってはマイナンバーカードや住基カードなどでも大丈夫とされていますし、顔写真が入っていない健康保険証でも印鑑証明書や住民票などの書類と合せて提出することで契約可能となることがあります。具体的にどのような書類が本人確認書類として認められているのかを問い合わせておくと安心です。

 

また高額の利用限度額で契約する場合には収入証明書の提出が求められます。収入証明書類は源泉徴収票や課税証明書、確定申告書などの提出が求められるのですが、金融機関によっては直近に発行された給料明細書でも良しとされていることがあります。収入証明書類が必要となる金額とどんな書類が認められているのかについてもあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

 

審査が甘いカードローンは消費者金融?銀行?

キャッシングを利用するためには、お金を借りる審査を受ける事になります。審査を行わないと、返済能力のない人にも融資することになり、業者とともに借り入れする人にもデメリットが生じています。業者は、貸したお金を返してもらえず、借りた人は借金が膨らみ返済不可になってしまう可能性が高くなります。その状態を防止するためにも、審査が行われることになります。審査として、収入や勤務先、勤続年数を参考にしていきます。

 

この条件がクリアになると、融資を受けることができそうに感じますが、審査通らないという人もいます。別の金融機関からの借り入れ金額を返済していない人や、情報を故意にごまかしたりすると審査通らない原因になるので気を付けてください。また、一度にたくさんの金融機関に申し込みを行っていると、金銭的な余裕がなく切羽詰まっていると判断され審査が通りません。審査通らないと、審査が甘い別の業者に申し込みを行いたくなりますが、返済を行うときにデメリットとなることがあります。審査が甘い業者は金利を高く設定しているので、いざお金を返そうとしたときに予定していた時期よりも遅くの完済となってしまいます。審査が甘いという言葉には注意が必要です。

page top