お金借りる 身内

旦那からお金を借りられる?専業主婦の抜け道

お金が必要になったら、身内からお金を借りることも考えてみてください。身内から借りるメリットとして、利息がかからない点があります。無駄に払うお金が不必要になるため、借金の返済もスムーズです。お金を借りるうえでのストレスも軽減することができます。身内の中でも祖母や兄弟だと、血がつながっているということもあり、相談しやすい状態です。

 

お金が必要な理由を話せば理解を示してくれる可能性が高くなり、貸してもらうことができます。また、旦那に相談することで、これからの事を真剣に話し合うことができます。家計をやりくりしているつもりでも、お金が足りない時は必ず出てきます。給与が少なければ赤字になってしまうことも出てくるため、借金を考えないといけません。旦那が上手く金銭的な問題を解決してくれれば安心ですが、それが無理な場合にはおばあちゃんや子供に相談してみてください。お金の面で余裕のあるおばあちゃんだと、相談すれば心底心配してくれるのでお金を融通してくれるはずです。また、恥ずかしさを感じることなく素直な気持ちで子供に相談すれば、お金を融通してくれるかもしれません。まずは、話しやすい親族に相談することがとても大事です。

 

友達や恋人とお金の貸し借りはしないべき?お金を借りるには。

お金を借りるなら、銀行や消費者金融という手もありますが、まずは身近な知人にしておく方がメリットが大きいです。身近な知人からの借り入れなら、返済期限をある程度大目に見てもらえるというメリットがあります。金融機関から借り入れると、返済期限は基本的にきっちり守らなければいけません。しかし知人から借りたものなら、必死で頼み込めば、期限を延長してもらえる可能性はとても高いです。そして、利息に関しても融通がきくのが知人から借金することの大きなメリットです。

 

消費者金融などで借りてしまうと、借り入れ期間に応じて容赦なく利息が課せられますが、先輩や友達や恋人などから借りたものならば、利息の取り立てはそんなに厳しくはないはずです。身近な人からお金を借り入れる場合、だれが一番いいかといえば、やはり自分の親です。親から借りれば、返済期限をほとんど気にする必要はありませんし、利息も無しで貸してもらえる可能性が高いです。ただし、親しき仲にも礼儀ありで、何らかの謝礼はしておいた方がいいでしょう。ちなみに、職場関連の身近な人からお金を借りるのはなるべく避けた方が無難です。同姓・異性を問わず同僚からお金を借りると、そのことが上司の耳に入って怒られる場合もあります。

page top